【資金管理術】ポーカーで遊ぶ用のお金を管理するには?

お金の管理というのは、ポーカーの戦略本でよく無視されるカテゴリだと思います。結局のところ、安定したバンクロール(資金)がなければ、ポーカーで遊ぶことは不可能なのでしょうか?

ポーカーのバンクロール管理は、非常に重要な項目であるにもかかわらず、ポーカー記事のライターの多くはこのテーマについて有益な情報を執筆しないため、ほとんどのプレイヤーは独学で学んでいるようです。また、バンクロール管理の方法は、パーソナルな話題でもあります。ある人にとってうまくいく方法が、別の人にとってもうまくいくとは限りません。

そこで本記事では、それぞれのプレイヤーに合ったポーカーのバンクロール管理について、いくつかの推奨事項を紹介していきます。ぜひ参考程度にチェックしてみてください!

  1. 資金に見合った金額でプレイする

オンラインポーカーゲームをまだ始めたばかりで、自分のアカウントに80ドルの残高があると仮定しましょう。そこで、1/2のノーリミットテーブルに80ドルすべてを賭けてしまうと、下手な勝負ですべてを失うリスクがあるだけでなく、精神的な不安からプレイに支障をきたすこともあるかもしれません。この場合、無理にタイトな賭けに出てしまう可能性が高く、テーブル上にある自分の80ドルがちょうどよい標的となり、他のプレイヤーからターゲットにされるでしょう。ですので、オンラインポーカー初心者の人やまだサイトに慣れていない人、あるいは資金が不足している人は、低い賭け金から始めていきましょう。もし、そのラウンドで常に勝ち続け、資金を順調に増やすことができたら、最高限度額までベットを上げていきます。その後は、この手順を繰り返していくといいでしょう。これがポーカーにおける基本的なバンクロール管理です。

 

  1. バンクロールを増やすためにお金を貯める

先ほどの話と少し関連していますが、獲得した賞金を次のポーカーラウンドに再投資するのは、賢いバンクロール管理です。つまり、今後より大きなゲームに参加するために、賞金をバンクロールに貯めておくのです。筆者個人的には、ノーリミットキャッシュゲームに参加する前に、少なくとも800〜900ドルの資金を貯めることをお勧めします。保守的なプレイヤーであれば、もっと多くの金額を貯めるようにするでしょう。

高額な賭け金のゲームに参加したいという願望がないのでなければ、獲得した賞金をバイインに再投資すべきです。これは、ポーカープレイヤーが実践する傾向にあるもう一つの例であり、賢明な判断といえます。

 

  1. プレイをやめる金額を設定する

これもまたポーカーにおけるバンクロール管理のひとつで、多くのカジュアルプレイヤー(と中毒並みにハマりやすいプレイヤー)がカジノに行って、ポーカーで遊ぶ前に実践している方法です。ポーカーゲームの中でも、特に負けが続いているときにはより効果的かもしれません。

自分のバンクロールの残高が大きくても小さくても、やり方は同じです。「この残高以下になったらプレイをやめる」という損失限度を設定するのです。

  1. 賞金を引き出すことを恐れない

オンラインで出金したからといって、運がツイていなかったと騙されているのではないか?と恐れていると、無意識のうちにゲームプレイに影響を与えてしまうかもしれません。筆者は実際、毎日数万円単位のキャッシュアウトを頻繁に行っていますが、カードが劣化するなんてありえません。ポーカーでうまく勝っている場合は、自分へのご褒美として、賞金の一部を銀行口座に送金しておきましょう!