成功事例

それぞれの会社にそれぞれの事情があります。 それを紐解き、論理的・客観的に削減案を導きだします。 ただの「お願い交渉」ではない為、削減の実現率はなんと80%です。

成功事例

用紙、DTP、印刷、製本と各項目を洗い出したところ現行の業者は本案件とマッチングしないと判明したため 最適設備を保有する業者に変更することにより2割削減可能となった。

中部財界様のコメント〜
「50年前の遺物=活版時代からの決めごとを精査した結果、紙、印刷、製本などなど手を加えるべき箇所がいくつも見つかった。経営だけでなく「本」の筋肉質化がはかれたと思う。」


成功事例

年4回発行の会員様向け情報誌の印刷経費を削減対象案件とした。 従来漠然としていた(印刷)作業工程を細かく分析することにし、 それぞれの項目を吟味した結果、1回につき50〜70万円の経費削減が実現できた。


成功事例

□状況
・ A4サイズのチラシを作成していた
・ 種類は8〜12種類ある
・ 1ヶ月に1度に発行である
・ それらをセットして配送する
・ 部数は約30,000部である
・ 制作は社内で行っている
・ 業者は1社のみに発注している
・ 制作担当者は複数名である
・ 見積もりは明細ではなく「一式」という見積もりである

■コスカのコンサル後

用紙の統一、発注方法の見直し  年間40%の削減!!


成功事例

□状況
・ 年間10本の新聞折り込みのチラシを発注している
・ チラシのサイズはB3です
・ 表面がカラーで裏面は黒
・ 見積もりは明細ではなく「一式」の総括見積もりをとっていた
・ 制作から全て広告代理店に依頼していた

■コスカのコンサル後

見積もり金額が高かった→交渉を代行した結果  年間100万円の削減!!


成功事例

□状況
・ A2版+字折りの投げ入れチラシを不定期に発注している
・ 表4色+裏4色の両面カラー印刷である
・ 長い付き合いの地元の印刷業者に依頼している
・ 制作は自社で行っている
・ 部数は投げ入れる媒体によって様々に異なる
・ 50,000部から200,000部の開きがある
・ 見積もりは明細ではなく「一式」という総括見積もりである

■コスカのコンサル後

発注先に適切な印刷機器がないことが判明
最適は設備がある印刷会社へ変更
年間40%の削減!!


成功事例

□状況
・ いろいろなサイズの印刷物を作っている
・ いろいろな部数の場合がある
・ 色数もまちまちである
・ 制作は社内の場合も外注の場合もある
・ 広告代理店でななく、印刷会社に発注している
・ 発注先は10社以上である

■コスカのコンサル後

発注先ごとに違っていたコストテーブルを一本化
年間1000万円の削減!!