印刷のよくある質問

印刷にまつわるよくある質問をまとめてみました。参考にしてください。

印刷のよくある質問

   

確かに印刷は工程が複雑で、専門的な言葉も非常に多い業界です。すべてのことに回答できる人物は存在していないといっても良いでしょう。ただ、発注する立場の人はプロの印刷人になるわけではありません。印刷の基本的な事柄と、料金の成り立ちを知れば良いと思います。その基本的な事柄を知ることが、適切な印刷料金で印刷物を購入する第一歩ですし、重要事項でも有ります。


印刷のよくある質問

   

ちからづくで価格を下げようとすると、良好な関係は保つことが出来ないと思います。コスカは業者には愛情、顧客には尊敬というスタンスで仕事に取り組みます。双方充分に話しあい吟味をつくせば、かえって従来に増して強固な信頼関係を築くことができるものと信じております。


印刷のよくある質問

   

入札の準備をするという業務は、発注担当者にとって思った以上に負担となります。アイテムの数が増えればほとんど不可能といっても良いでしょう。 また、印刷物の価格は仕様をはじめとする諸条件によってずいぶん違います。それらの情報を業者に正確に伝えるための基礎知識も身に付けなければなりません。コスカでは発注担当者様が印刷物作成のための情報を適切に業者に伝えられるよう、ご指導致します。


印刷のよくある質問

   

はい。印刷は工程が複雑になっています。そして、それぞれの工程に専門の業者が存在します。ですから、自社ですべてを完結するという印刷会社は皆無です。多種多様の印刷物に対して、真に適切な業者が、適切な方法で製造している場合と、そうでない場合は、天と地ほども異なります。一から十まで外注業者に任せて、自分は請求だけ出すというやり方をする人もいます。又、自社工場を稼働させるため、本来は異なる印刷方法で作製するのが良い方法なのに、そのことを進言しない営業も多数いるようです。


印刷のよくある質問

   

印刷会社は工場を持っており、製造業の部類に属しますが、他の製造業と異なるのは受注生産であるということです。どういう印刷物を、どれくらい作り、いつ頃に必要かという意志は発注者側が決めることです。ですから印刷物を作るという行為は、発注者と印刷業者の協同作業といえるでしょう。野球にたとえるなら、発注者がピッチャーで、業者がキャッチャーかも知れません。コストダウンには印刷会社の企業努力よりもむしろ発注者側がどういう発注の仕方をするかによるところが大きいと存じます。